年代別の予防歯科について

けんと歯科

年代に合わせた虫歯予防を心がけましょう

一生自分の歯を失わないためには、「治療」よりも「予防」が大切です。お子さんの歯を虫歯から予防するためにも、お母さんのおなかにいる妊娠期から、乳幼児期を経て学童期になるまで、それぞれの年代に合わせて効果的な虫歯予防を行いましょう。

予防の大切さ

予防の大切さ

お口の健康を守るためには、虫歯や歯周病の早期発見&早期治療がポイントになります。とはいえ、虫歯も歯周病も初期段階ではほとんど自覚症状がありません。痛みや腫れ、出血などの症状が現れたときには、かなり進行してしまっていることも多いのです。

だからこそ大切になるのが、予防歯科での定期検診です。年に数回、定期検診を受けていただくことで、ブラッシングなどによるセルフケアでは落としきれない汚れをとり除いたり、お口の健康状態などをチェックしたりします。

埼玉県ふじみ野市の小児歯科・審美歯科「けんと歯科」では、定期検診の内容の説明にも時間をかけて行っています。ご自身やお子さんのお口の状態で心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。

年代別の予防方法

お子さんの歯は、日々成長し変化していきます。そのため、それぞれの時期に合わせて、ポイントを押さえた効果的な虫歯予防を行いましょう。

妊娠期

妊娠期

1 バランスよい食事で強い歯を

赤ちゃんの丈夫な歯の土台をつくるためにも、妊娠中には十分な栄養補給が必要です。妊娠中の理想的なカルシウム摂取量は1000mg。肉や魚、卵、大豆製品など、良質なたんぱく質を含む食品をバランスよく摂取するようにしましょう。

2 お母さんの注意点

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、唾液が酸性に傾くため、虫歯や歯周病などにかかりやすくなります。とくに歯周病にかかると、早産や低体重児出産のリスクが高まります。妊娠安定期には歯科医院で受診するようにしましょう。

つわりのときにはニオイに敏感になって、ブラッシングしづらい場合もあります。香料の弱い歯磨き粉を使ったり、辛いときは口をすすぐことにとどめて無理をせず体調のよいときにブラッシングしたりしましょう。喉に近い粘膜を刺激しないように、ヘッドの小さな歯ブラシもおすすめです。

乳幼児期

乳幼児期

1 「食育」を取り入れて正しい食習慣を

食生活の乱れは虫歯のリスクを高めます。「食育」を習慣化して、正しい食生活を心がけましょう。甘い食べ物や味が濃い食べ物はあまりおすすめしません。幼いころから濃い味に慣れてしまうと、虫歯リスクだけでなく、味覚形成に問題が生じる可能性もあります。

一度に多くのものを食べられない乳幼児期の子どもにとって、おやつは「第4の食事」です。糖分を多く含んだお菓子はできるだけ避け、おにぎりやお芋、歯の成長によいカルシウムを含んだ食べ物などを意識して与えるようにしましょう。

2 ブラッシングの習慣を身につけよう

歯が生えてきたらブラッシングのスタート。ブラッシングのお手本として、まずは毎日お母さんが磨いてあげましょう。コミュニケーションをとりながら、楽しく一緒に練習を重ねると、お子さんもだんだん上手に磨けるようになります。

ひとりで磨けるようになるのは学童期の8~9歳頃です。3歳頃まではお母さんがメインで磨いてください。

3 定期検診でフッ素塗布を受けましょう

乳歯は8カ月頃から生えはじめ、3歳頃には生えそろいます。それから2~3年間が一番虫歯になりやすい時期です。定期検診を受診し、フッ素塗布などの予防処置を心がけてください。

学童期

学童期

1 虫歯多発の要注意時期!

学童期の6~12歳頃は、乳歯から永久歯へ生え替わる時期。生えたばかりの永久歯は酸に対する抵抗力が弱く、非常に虫歯になりやすい状態なのです。だからこそ、この時期のブラッシングはとても大切です。

2 定期検診とフッ素塗布を継続

虫歯予防のために、定期検診を受診することが重要です。ブラッシング指導やフッ素塗布などの予防処置を続けましょう。フッ素入り歯磨き剤やホームジェルを使ったセルフケアも効果的です。

3 健全な歯と身体のために正しい食習慣を

この時期は、食育の重要性がますます増します。朝ごはんをしっかり食べて、身体を目覚めさせるようにしましょう。食事のリズムをきちんとして、栄養バランスのよい食事を心がけることが大切です。

おやつは、夕食に支障のない時間帯に適量とるようにしてください。甘いお菓子類はできるだけ避けるように。お手伝いや体験学習などに積極的に参加して、食文化やさまざまな食品など、豊かで健康的な食生活に関心をもたせるとよいでしょう。

4 お母さんの仕上げ磨きはまだ大切!

歯が生え替わるこの時期は、ブラッシングが難しい時期ともいえます。歯並びも複雑で、歯ブラシの当て方などにもコツが必要です。歯科医院でのブラッシング指導とあわせて、お母さんもブラッシング指導をしてあげましょう。8~9歳ごろまでは仕上げ磨きを続けてください。

キッズクラブについて

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.