子どもの虫歯について

けんと歯科

虫歯について知りましょう

お子さんが虫歯にかかるのを予防するために、親御さんには虫歯について正しい知識をもっていただくことが必要です。幼い時期から虫歯予防を心がけることで、お子さんの大切な歯を守っていきましょう。

乳歯は虫歯になりやすい

乳歯は永久歯と比べてエナメル質がとても薄く、デリケートです。このため永久歯よりも虫歯になりやすく、一度虫歯になってしまうと進行スピードもとても早いのです。

乳歯は虫歯になりやすい

「乳歯はいずれ生え替わるから……」と放置しておくと、生え始めの永久歯が次々と虫歯になったり、永久歯の歯並びにも影響したりすることも。乳歯の虫歯はお子さんの将来の歯の健康に大きな影響をおよぼすものであり、決して甘く見てはいけないのです。

乳歯の虫歯は放置しないでください

乳歯の虫歯を放置すると、永久歯の歯並びや歯質にまで影響を与えてしまいます。たとえば乳歯の虫歯が重症で、歯の根の先に病巣があると、直下の永久歯の歯質に影響することがあります。

乳歯の虫歯は放置しないでください

また早いうちに乳歯を失ってしまうと、隣り合う歯の移動が起こり、永久歯が生えるスペースがなくなることもあります。このように、乳歯には永久歯が生えてくる場所を確保するという役割もあるのです。将来の健康な歯のため、お子さんの歯のケアや定期検診を心がけましょう。

初期の虫歯は削らずに治すこともできます

虫歯の初期とは、歯の表面にあるエナメル質が徐々に溶けはじめ、白く濁って見える時期。ごく初期の虫歯や範囲が小さい場合には、正しいブラッシングやフッ素塗布などの処置で自然に治るケースもあります。ただし、虫歯を削らずに治すためには正しい診断が重要です。

歯は一度でも削ってしまえば、元に戻ることはありません。治療によるダメージが蓄積され、虫歯が再発するリスクも高まります。無理に歯を削るような治療はせず、できる限り削らずに治すような治療が望ましいのです。

再石灰化の仕組み

お口の中では常に「脱灰」(だっかい)と「再石灰化」が繰り返されています。脱灰とは、歯質からカルシウムなどのミネラル分が溶け出すこと。溶け出したミネラルが唾液の作用によって再び歯質に取り込まれることを再石灰化といいます。

脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、再石灰化が脱灰に追いつかなくなると、虫歯になってしまいます。フッ素にはこの再石灰化を促進する働きがあるので、初期の虫歯の修復につながるのです。

キッズクラブについて

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.