食育について

けんと歯科

食生活を考えることがお子さんの歯の健康につながります

お子さんの歯の健康のためには、豊かな食生活が基本となります。健やかに成長していくために、必要な食べ物をしっかり咬みくだいて、成長に必要な栄養分を身体に取り込む―― それが、健康なからだをつくり、健康な歯の成長につながるのです。

食育の大切さ

食育の大切さ

最近、新聞やニュースなどで「食育」という言葉をよく耳にしませんか? 食育は、子どもに正しい食生活を身につけさせて、健やかな成長を導くこと。実はこの食育が、健やかな歯の成長にとっても欠かせないものなのです。

食べるものが偏っていたり、食事の時間がまちまちだったりすると、栄養の偏り、過食、拒食などを引き起こします。その結果、虫歯になりやすくなったり、顎や顔つきなどの発育を妨げてしまうこともあるのです。

食育の大切さ

食育の面からいうと、おやつについてもきちんと考えなければいけません。一度にたくさんの量を食べられない子どもにとっては、おやつも大切な食事のひとつ。選び方や与え方にも配慮が必要です。「時間を決めて与える」「だらだら食べをさせない」「甘い物をあげすぎない」「おやつのあとにはブラッシングする」など、お口と歯の健康を考えましょう。

咬むことの重要性

咬むことの重要性

お子さんの成長にとって「咬むこと」はとても重要です。ところが最近では、やわらかい食べ物が増えたために、「咬む」回数が大きく減ってしまっています。「咬む」ことには次のような効果がありますので、お子さんには意識して「咬める」食べ物を与えるとよいでしょう。

  • 咬むことでだ液の分泌が促されます。唾液には自浄作用があり、虫歯や歯周病予防につながります。
  • 咬むことによって顎まわりの筋肉の発育が促され、顎や顎関節が正しく成長します。
  • よく咬むことで満腹中枢に刺激が伝わり、食べ過ぎや肥満を防ぎます。
  • 咬むことで顔の筋肉が鍛えられ、豊かな表情をつくります。

歯に“よいおやつ”と“よくないおやつ

歯に“よいおやつ”と“よくないおやつ

下記のような食べ物は、虫歯の原因になりやすいおやつです。お子さんはほしがることが多いですが、できるだけ少なくするようにしましょう。

糖分が多く含まれているもの チョコレート・グミ・乳酸飲料など
食べるのに時間がかかるもの ケーキ・ドーナツなど
歯にくっつきやすいもの ガム・キャラメルなど

一方で、次のような食べ物は虫歯になりにくいおやつです。ダラダラ食べは避け、きちんと間食の時間を決めて与えるようにしましょう。

糖分が比較的少ないもの おせんべい・クラッカーなど
食べるのに時間がかからないもの 果物・アーモンドなど
歯にくっつきにくいもの ゼリー・プリンなど
歯を強くするおやつもおすすめ!

歯を強くするおやつもおすすめ!

フッ素やカルシウムなどが多く含まれている食べ物は、歯を丈夫にする効果があるとされています。食事やおやつには、これらが含まれている食材を取り入れることをおすすめします。おやつとしては、ヨーグルトやカルシウムウエハース、煮干し、チーズなどがおすすめです。

年代に合わせた虫歯予防

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.