子どもの歯並びが気になる

けんと歯科

お子さんの歯並びやお子さんの癖が気になったら

「出っ歯」「受け口」「すきっ歯」「八重歯」など、お子さんの歯並びは気になりませんか? お子さんの歯並びの乱れは、子どものうちに矯正治療を行うのがおすすめ。比較的治療期間が短くてすみ、高い治療効果が期待できます。

埼玉県ふじみ野市の小児歯科・審美歯科「けんと歯科」では、子どもの歯並びと小児矯正も行っております。さまざまな癖や咬み合わせなどが気になったら、お気軽にご相談ください。

小児矯正のメリット

小児矯正のメリット

子どものうちに矯正治療を開始すると、顎などの骨の成長に合わせて治療を進められます。

顎の成長を利用してスムーズに矯正できる

顎の成長を利用できるのが小児矯正のよいところ。健やかな顎の成長とともに歯並びを調整するので、歯を移動させたり整えたりするのが比較的スムーズに行えます。顎の成長を促すことによって、顎や輪郭のゆがみを是正できる場合もあります。

磨き残しをなくして虫歯予防につながる

歯並びが乱れていると、歯のすき間などに食べカスや汚れがたまってしまいます。歯ブラシの毛先も届きにくく、みがき残しが多くなるので、虫歯にかかりやすくなってしまうのです。歯並びのガタガタを治療すれば虫歯予防につながります。

コンプレックスを解消して自然な笑顔になれる

「出っ歯」や「すきっ歯」などで歯並びが乱れていると、子ども同士でからかいの対象になることもあります。あだ名をつけられて、お子さん本人が傷つくこともあるようです。歯並びをきれいに整えることでコンプレックスが解消され、友達の間でも自然な笑顔になれるでしょう。

お子さんの歯と癖について

歯並びは骨格と同じく、遺伝の影響を受けることが多い部分です。ところが遺伝だけでなく、お子さんが普段行う癖によっても歯並びや咬み合わせを乱してしまうことがあります。子どもの骨格はやわらかいので、毎日の習慣によって歯並びにまで影響が出てしまうのです。

指しゃぶりをはじめ、お子さんに次のような癖が見られる場合は要注意。歯並びを乱さないように、できるだけ早く直すようにしましょう。決して声を荒げて叱るのではなく、根気よく声がけをしたいですね。

指しゃぶり
指しゃぶり
5歳以降の指しゃぶりは「出っ歯」の原因に。
タオルを咬む
タオルを咬む
上下の歯が咬み合わなくなって「出っ歯」の心配も。
爪咬み
爪咬み
歯や歯ぐきに大きな負担がかかり歯が移動する恐れも。
唇を咬む
唇を咬む
上唇を咬む癖は「受け口」、下唇を咬む癖は「出っ歯」の原因に。
指しゃぶり
指しゃぶり
顎関節や顎の骨への過剰な負担で、顎のゆがみにつながることも。
口呼吸
口呼吸
舌の位置が不安定になって、「出っ歯」や「開咬」の原因に。
舌で歯を押す癖
舌で歯を押す癖
歯並びを乱す原因に。
丸飲み
丸飲み
しっかり咬まないと顎に刺激が伝わりにくく、顎の成長が阻害されることも。

子どもの歯並びをチェック!

歯並びの乱れにはさまざまな種類があります。見た目はそれほど違和感なくても、顎の発達などに影響をおよぼす場合があります。発音が不明瞭になったり、食べ物の消化に影響が出たりすることもあるので、お子さんの正常な発達のためにも歯並びには注意しましょう。

  • 上顎前突 じょうがくぜんとつ
  • 反対咬合 はんたいこうごう
  • 上下顎前突 じょうげがくぜんとつ
  • 交叉咬合 こうさこうごう
  • 空隙歯列 くうげきしれつ
  • 叢生 そうせい
  • 過蓋咬合 かがいこうごう
  • 開咬 かいこう
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」。上の前歯が大きく前に突き出していたり、前の歯列全体が前に出ていたりする状態です。上顎全体が出ている場合もあります。原因は遺伝のほか、顎の成長バランスの崩れや指しゃぶり、口呼吸などさまざまです。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合(はんたいこうごう)

いわゆる「受け口」で、「下顎前突」(じょうがくぜんとつ)と呼ばれることもあります。上の歯より下の歯が前に出ている状態です。下の歯が前に傾いている場合や、上の歯が内側に傾いている場合、顎の骨が発達しきれていないときに起こります。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列がどちらも前に突き出ている状態です。唇が閉じにくかったり、転倒したときに前歯が折れたり、口の中を傷つけたりしやすい歯並びです。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

左右どちらかの上下の歯並びが一部ずれて交叉している状態です。上下の前歯の中心がずれたり、顔がゆがんだりすることがあります。食事のときに奥歯で食べ物をすりつぶす動きが難しくなり、消化に影響を与えることも。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

いわゆる「すきっ歯」で、歯と歯の間にすき間がある歯並びです。顎の大きさに対して歯が小さい場合や歯の本数が足りない場合に起こります。口を開けたときにすき間が目立ったり、食べ物が歯の間にはさまりやすくなったりします。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がきれいに並ばず、デコボコになる状態です。「八重歯」も叢生のひとつで、重なって生えることもあります。顎の大きさが小さく、歯が並ぶスペースが足りないと起こりやすい歯並びです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

正面から見ると下の歯がほとんど見えないくらい上の歯が被さっているような深い咬み合わせです。「オーバーバイト」とも呼ばれます。歯ぐきを傷つけやすかったり、食べ物を咬みくだきにくかったり、発音が不明瞭になったりします。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯が咬み合っているときでも前歯が閉じず、咬み合わない状態です。食べ物を咬み切りにくく、空気が歯の間から漏れてしまって発音に影響することもあります。原因としては、指しゃぶりや口呼吸などが考えられます。

矯正装置の紹介

小児矯正(咬合誘導)
小児矯正(咬合誘導)
乳歯から永久歯に生え替わる成長期に行う矯正治療で、正常な永久歯の歯並びに導くために行います。顎の成長を妨げる要因を取り除いたり、永久歯が生えるスペースをつくったりします。
メタルブラケット
メタルブラケット
歯の表側につける金属の装置。ブラケットに金属製のワイヤーを通して歯並びを整えます。金属製のワイヤーが目立つというデメリットがあります。頑丈な装置で、しかも保険が適用されるので、費用を抑えることが可能です。
セラミックブラケット
セラミックブラケット
歯の表側につける装置で、メタルブラケットの金属部分がセラミック製のもの。白色なので、表側に装着していても目立ちにくいというメリットがあります。矯正治療中の見た目を気にする方には、こちらをおすすめします。

ふじみ野市の小児歯科・審美歯科けんと歯科

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.