妊娠・授乳中の歯医者さん

けんと歯科

妊娠・授乳中の診療について

妊娠中や授乳中だからといって、虫歯や歯周病の痛みや進行は待ってくれません。でも、一般的には治療はNGだと思ってあきらめていませんか? 妊娠中や授乳期でも、歯科治療を受けることは可能なのです。

埼玉県ふじみ野市の小児歯科・審美歯科「けんと歯科」では、妊娠中や授乳期の歯科治療も行っております。心配ごとやお困りごとがございましたら、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。

妊娠時の治療を受けるタイミング

妊娠時の治療を受けるタイミング

「妊娠中に歯科診療を受けてもいいの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実は妊娠中こそ歯科医院までお越しいただきたいのです。ただし、受診には適切なタイミングがありますので注意してください。

妊娠初期
(4カ月頃まで)

つわりもあり、切迫流産の危険性もある時期です。痛みや腫れなど、応急処置が必要な場合をのぞき、診療は安定期に入るのを待ちましょう。

妊娠初期(4カ月頃まで)

妊娠中期
(5~8カ月頃)

安定期に入って、つわりの症状も落ち着く頃で治療に適した時期です。とくに自覚症状がなくても、安定期には一度、歯科医院での受診をおすすめします。

妊娠中期(5~8カ月頃)

妊娠後期
(8カ月以降)

おなかが大きくなり、横になるのがつらくなる方もおり、いつ陣痛が起きてもおかしくない時期。応急処置が必要な場合をのぞき、できれば治療は避け、出産後に落ち着いてから受けるようにしましょう。

妊娠後期(8カ月以降)

妊娠中の歯科治療

妊娠中もレントゲンやお薬、麻酔に注意すれば歯科医院での診療は可能です。お口の環境を健康に保つために、安定期には一度検診を受けるようにしましょう。

レントゲン検査 放射能の影響はほとんどありません。X線による被ばく量は、太陽など自然界で受けている量より微量です。
お薬の服用 妊娠中の方に内服薬をお出しすることは基本的にありませんが、やむを得ない場合には処方されることがあります。妊娠中にも影響が少ないものが選ばれますが、歯科医師への確認が必要です。
麻酔の使用 歯科治療で行うおもな麻酔は局所麻酔であり、通常おなかの赤ちゃんにとくに問題はないとされています。妊娠後期の場合には、早産につながる可能性があるため、一度治療を中断することもあります。その場合は、出産後に落ち着いてから治療を再開します。

授乳中の歯科治療

母乳育児をされているお母さんの場合、歯科治療を受けていいのかどうか気になるかもしれませんが、下記などに配慮すれば歯科診療を受けることができます。

レントゲン検査 放射能の心配はほとんどありません。妊娠中よりも、さらに安心してレントゲン撮影を受けていただけます。
お薬の服用 内服薬は母乳を通じて赤ちゃんの体内に入ってしまうため、授乳回数が多い乳児期には、あまり服用しないほうがよいでしょう。ただし、赤ちゃんの身体に入る量はごくわずかです。やむを得ず薬を飲む場合には、授乳後に服用することをおすすめします。
麻酔の使用 歯科治療で行うおもな麻酔は局所麻酔であり、麻酔薬の量も微量でとくに問題ありません。

ふじみ野市の小児歯科・審美歯科 けんと歯科

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.