妊娠中のお口のケアについて

けんと歯科

お母さんのお口にも注意が必要

妊娠中の女性は、生まれてくる赤ちゃんのことを気にかけるあまり、自分のことを後回しにしてしまいがち。お口のケアやブラッシングなどがおろそかになってしまう方もいるようです。ところが妊娠中こそ、お口のケアを大切にしなければいけない時期なのです。

妊娠中のお口の変化

妊娠中には、つわりが起こったりホルモンバランスが変化したりして、お口の中の環境が悪化してしまいがちです。妊娠中にはお口の中にどのような変化が起こるのか、どのようなリスクが高まるのでしょうか。

妊娠中のお口の変化

つわりの症状によっては、空腹状態で気分が悪くなる方もいます。また、決まった時間に食事をとるのが難しいという方なども多く、間食でお口の中に常に食べ物がある状態になり、ブラッシングをきちんと行えなくなってしまうのです。

さらに、つわりの症状がひどくなると、ブラッシング自体で気分が悪くなってしまう場合もあります。このように、妊娠中はお口の中に汚れがたまりやすくなる時期。ブラッシングが難しい場合でも、せめて口をすすぐなどして対処するとよいでしょう。

妊娠中には、女性ホルモンの分泌量が増加します。女性ホルモンには歯周病菌の増殖を促す性質をもち、歯周病のリスクを高めます。その一方で妊娠中には唾液の分泌量が低下する傾向があります。

唾液には、お口の汚れを落とす機能がありますので、唾液が不足すると自浄効果が期待できなくなります。さらに妊娠中は免疫力や抵抗力が低下するので、お口の中の細菌が増殖しやすくなり、これらの原因によって虫歯や歯周病にかかりやすい環境となるのです。

妊娠性歯周炎に注意しましょう

「妊娠性歯周炎」とは妊娠中にかかる歯周病のこと。歯周病菌が血液を通じて子宮に伝わることによって、胎児の成長を阻害する場合があります。さらに歯周病菌に含まれる物質が子宮の筋肉に影響して、陣痛に似た症状を引き起こしてしまうことも。

妊娠性歯周炎に注意しましょう

このように妊娠性歯周炎は、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうことがあるのです。お母さんご自身の身体にとってはもちろん、生まれてくるお子さんのためにも、とくに注意が必要な病気のひとつ。歯周炎にかからないように、できれば事前に歯科医へご相談ください。

自宅でできるお口のケア

妊娠中はつわりなどのせいで、いつものような丁寧なブラッシングは難しいかもしれません。とはいえ工夫次第で、お口を清潔に保つことは可能です。妊娠中に自宅でできるデンタルケアについて紹介します。

ブラッシングできないときはお口をすすぐ習慣を!

ブラッシングできないときはお口をすすぐ習慣を!

「つわりのせいで歯磨き粉のニオイがつらい」という場合には、無理して歯磨き粉を使う必要はありません。ブラッシングさえ難しい場合は、お口を水でしっかりすすぐだけでもOKです。デンタルフロスや歯間ブラシなども使って、できる限り口腔内の汚れを落としましょう。

殺菌効果のある緑茶

殺菌効果のある緑茶

お口の衛生を保つ飲み物として、緑茶もよく知られています。お茶に含まれるカテキンには殺菌効果があり、飲み物としておすすめです。しかし一方で、緑茶にはカフェインも含まれていますので、飲み過ぎには注意しましょう。

フッ素・キシリトールを活用

フッ素・キシリトールを活用

歯の再石灰化を促すフッ素や、フッ素の働きを助けるキシリトールもお口のケアに役立ちます。フッ素やキシリトールを配合した歯磨き粉を使用したり、ガムを咬んだりして、歯質を強化し虫歯への抵抗力を高めましょう。

規則正しいストレスのない毎日

規則正しいストレスのない毎日

何より気をつけたいのが、ストレスをためないこと。規則正しい生活を送って、リラックスできる環境をつくり、出産のときまで心穏やかに過ごすようにしましょう。

お母さんのデンタルトリートメント

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.