妊娠中から始める虫歯予防

けんと歯科

これから生まれてくるお子さんのためにできること

「赤ちゃんが生まれたら、歯のケアをしっかりしよう」と思っているお母さんは多いのでは? でも実は、生まれる前からのケアも大切。赤ちゃんがお母さんのおなかにいる頃から歯はつくられはじめています。つまり、妊娠中から虫歯や歯周病のリスクに備え、できれば妊娠前に治療をしておくことが大切なのです。

よい歯をつくる食べ物

よい歯をつくる食べ物

生まれてくる赤ちゃんの歯を丈夫で強いものにするために、意識して牛乳や小魚などのカルシウムを摂取している方は多いかもしれませんね。でも、それだけでは不十分。さまざまな食べ物をバランスよくとることが大切なのです。

対象となる部位 必要な栄養素 多く含まれる食べ物
歯の土台 良質なたんぱく質 肉・魚・大豆製品
歯のエナメル質 ビタミンA ウナギ・レバー・卵・ニンジン・ホウレンソウ
歯の象牙質 ビタミンC パセリ・ピーマン・キャベツ・果物
歯の石灰質 カルシウム・リン・石灰質 牛乳・小魚・海草・卵黄
カルシウムの代謝・石灰質の調整 ビタミンD レバー・シラス干し・イワシ
虫歯ができる環境を家庭内で減らしましょう

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯の元になる虫歯菌は存在しません。では、いったいどこから虫歯菌が入り込むのでしょうか? 虫歯はお父さんやお母さんなど、周囲の大人から感染すると言われています。

虫歯ができる環境を家庭内で減らしましょう

生まれてくる赤ちゃんを虫歯菌から守るためには、ご家族の協力が大切です。パパやママ、兄弟などからの虫歯菌の感染を防ぐために、赤ちゃん専用の食器やスプーンを用意するとよいでしょう。できれば、親御さんの食事を分け与えたり、お口にキスしたりすることも避けたほうがよいのです。

とはいえ、赤ちゃんとのスキンシップの機会が減ってしまうのも考えもの。そこで心がけていただきたいのが、ご家族のお口の中の虫歯菌を減らすことです。そうすれば赤ちゃんとのスキンシップなどによって、虫歯菌をうつしてしまうリスクを減らすことができます。

赤ちゃんのいるご家庭、赤ちゃんが生まれてくるご家庭では、お父さんやお母さんはもちろん、家族全員で協力して、新しい家族を迎え入れるための健康的な環境をつくることに努めてくださいね。

定期検診をしっかり受けましょう

定期検診をしっかり受けましょう

あまり知られていないことですが、妊娠中の女性は虫歯感染のリスクが高くなります。妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンなど女性ホルモンの分泌が増えます。これによってお口の中がネバつき、酸性に傾くことで虫歯菌が棲みつきやすい環境となるのです。

つわりや体調不良などでしっかりブラッシングできないと、お口の中に汚れがたまり、虫歯にかかるリスクがさらに高まってしまいます。妊娠中は定期検診をしっかり行うことによって、虫歯の早期発見&早期治療に努めましょう。

子どもと一緒に学ぶ予防歯科

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.