お母さんの歯並びは大丈夫ですか? ~大人の矯正治療~

けんと歯科

矯正治療でいつまでも素敵な笑顔を

歯科矯正というと、子どもが受ける歯科治療のイメージがあるかもしれませんが、成人になってから矯正治療を受けても、決して遅くないのです。歯並びの改善は見た目をよくするだけではありません。咬み合わせの改善によって、身体全体の健康にもつながります。

成人矯正のメリット

成人矯正のメリット

子どもの歯科矯正治療の場合には、顎の成長を利用して矯正を行います。これに対し、大人の矯正の場合にはすでに成長しきっているので、顎の成長を利用することはできませんが、子どもとは違うさまざまなメリットがあります。

大人の場合、顎の成長は終わっているので、歯を動かすことに専念して行うことになり、治療計画が立てやすくなるのです。また、成人矯正は本人の意志で行うので、毎日のケアにもきちんと取り組んでいただくことができ、結果的に治療効率もよくなります。

矯正にはさまざまな方法がありますが、大人の場合はそれぞれのメリットやデメリットを理解したうえで、矯正治療の方法を選んでいただけます。治療期間や範囲、装置、費用など、納得いただいたうえで、治療をはじめられるのです。

歯並びが悪いことで起きる身体のトラブル

歯並びが悪いことで起きる身体のトラブル

歯並びや咬み合わせが乱れていると、お口まわりにトラブルが起こるだけではありません。身体のバランスの乱れにつながるため、内臓も含め、全身の不調を引き起こすこともあるのです。

虫歯や歯周病 歯並びが乱れているとお口の中に汚れがたまりやすくなります。歯ブラシが届きにくい部分があるとプラークや歯石が付着していき、虫歯菌や歯周病菌が棲みつくことで、虫歯や歯周病のリスクが高まるのです。
耳鳴り 咬み合わせの乱れによって、顎が後方にずれてしまうことがあります。ずれがひどくなると下顎の一部が耳の管を圧迫してしまい、耳鳴りを引き起こす原因になるのです。
頭痛や肩こり 咬み合わせが悪いと顎のまわりや肩、首にかけての筋肉が必要以上に緊張してしまいます。この緊張によって、筋肉が硬くなって血行が悪くなり、頭痛や首の痛み、肩こりの症状が生じることがあります。
胃腸障害 咬み合わせが乱れていると、食べ物をしっかり咬みくだかずに、大きなまま飲み込んでしまいがち。胃腸に負担をかけて消化不良を起こしたり、早喰いによって肥満を引き起こしたりするおそれがあります。
不定愁訴 咬み合わせの乱れは、身体全体のバランスの乱れにもつながります。全身のバランスが崩れると、筋肉が必要以上に緊張し、血液の循環が悪くなり免疫力低下にもつながるのです。
妊娠中の矯正治療について

妊娠中の矯正治療について

矯正治療中に妊娠しても、すでに矯正装置をつけて動的治療を開始しているのであれば、とくに問題はありません。一般的には、臨月までは通常通り治療を進めていき、通院間隔を空けながら出産準備を優先していきます。

つわりがひどいときや体調がすぐれないとき、産婦人科医の指示で安静を命じられたときには、矯正歯科治療を一時的に中断する場合があります。またX線撮影や薬剤の処方については注意が必要です。妊娠がわかったら早めに歯科医まで相談してください。

矯正治療が一時中断になっても心配することはありません。矯正歯科治療を再開するのは、出産後、母子ともに落ち着いてからで大丈夫です。

矯正装置

メタルブラケット

メタルブラケット
歯の表側につける金属の装置。頑丈な装置で、しかも保険が適用されるので、費用を抑えられます。矯正治療中の見た目をそれほど気にされない方には、こちらをおすすめします。

セラミックブラケット

セラミックブラケット
歯の表側につける装置で、メタルブラケットの金属部分がセラミック製のもの。白色なので、表側に装着していても目立ちにくいというメリットがあります。矯正治療中の見た目を気にする方には、こちらをおすすめします。

子どもの気になる歯並び

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.