歯ぐきが下がったと感じたら ~歯周病治療~

けんと歯科

歯周病は進行すると最終的に歯が抜けてしまう怖い病気

妊婦さんにとって気をつけたい病気のひとつが歯周病。ホルモンバランスの変化や不十分な口腔ケアなど、さまざまな原因によって妊娠中に歯周病にかかるリスクが高まるのです。「歯ぐきが下がってきた」「歯ぐきに腫れや出血がある」などの症状があれば歯周病かもしれません。

歯周病の特徴と自己診断チェック

歯周病の特徴と自己診断チェック

「歯周病」は、かつては「歯槽膿漏」(しそうのうろう)と呼ばれていました。現在では初期の「歯肉炎」から重度の「歯槽膿漏」までをあわせて歯周病と総称しています。プラークに棲みついた歯周病菌が、歯ぐきに炎症を起こしたり顎の骨を溶かしたりする恐ろしい病気です。

歯周病はほとんど自覚症状がないままで進行していきます。歯ぐきの腫れや出血で歯周病にかかっていることに気づいたときには、かなり進行している場合さえあるのです。歯周病菌は、歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていき、重症化すれば歯は抜け落ちてしまいます。

実は、日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病なのです。しかも日本人の成人の約8割が歯周病にかかっている、あるいは予備軍という調査結果も。このように国民病とさえいわれる歯周病。自覚症状のないあなたも、早めにセルフチェックしてみましょう。

歯周病チェックをしてみましょう

次のチェック項目で気になる点はありませんか? ひとつでも当てはまる項目があれば、歯周病にかかっているかもしれません。早めに歯科医院を受診してください。

  • 口臭がひどくなった気がする
  • ブラッシングすると歯ぐきから出血する
  • 朝起きると口の中がネバついている
  • 歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
  • 固いものを咬むと歯が痛い
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯が長く伸びたように見える
  • 歯ぐきが黒っぽくなったように見える
  • 歯ぐきがムズムズする
  • 歯ぐきから膿が出ている
  • 歯を押すとグラグラする

ひとつも当てはまる項目がない方は、今のところ歯周病にかかっていないと思われます。このまま予防に努め、健康なお口の状態を維持しましょう。ただし、自分では症状に気づいていないこともあるので、3カ月に1度、歯科医院での定期検診をおすすめします。

歯周病になりやすい人の特徴

歯周病のおもな原因は、ブラッシング不足や歯並びの乱れなど。そのほか、歯周病は生活習慣とも深い関わりがあるといわれています。次の項目に当てはまるものがあれば、歯周病にかかりやすいといえます。

喫煙 ストレス

喫煙

タバコの煙に含まれている有害物質が、お口の中の粘膜や歯肉から吸収され、歯周病リスクを高めます。

ストレス

疲労やストレスをためがちだと、免疫力が低下して歯周病にかかりやすくなります。
丸飲み 間食が多い

丸飲み

お口の中の唾液には自浄作用があります。よく咬まずに丸飲みして食べる癖があると、唾液の分泌が減って、細菌が繁殖しやすい状態になります。

間食が多い

お口の中に常に食べ物の残りカスがある状態となり、歯周病菌の棲み家となるプラークが増えてしまいます。時間を決めて食べるように心がけ、食後にはきちんとブラッシングすることが大切です。

治療法について

ブラッシング指導

ブラッシング指導
歯周病の改善のためには、口腔内環境を清潔に保つことがポイント。正しいブラッシング方法でセルフケアを行えるように、経験を積んだ歯科衛生士が、患者さまのお口の状況に合った効果的なブラッシング方法を指導します。

スケーリング

>スケーリング
歯に付着したプラークはそのままにしておくと石灰化し、「歯石」となります。歯石は通常のブラッシングでは落とせません。また放置しておくと口腔内の細菌感染が進んでしまいます。「スケーラー」という器具を使って、歯にこびりついた歯石をきれいに取り除きます。

ルートプレーニング

ルートプレーニング
歯と歯ぐきのすき間、歯周ポケットの中にたまった歯石をしっかり除去します。さらに、歯石除去の処置によってざらついた歯の表面を滑らかにし、汚れが再付着するのを防ぎます。

子どもと一緒に学ぶ予防歯科

Copyright © Kento Dental Clinic All Rights Reserved.